【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 白髪一雄 » 臙脂

臙脂

このサイトは 「本郷美術骨董館」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

作品解説

「臙脂」は床に置いたキャンバスに足を使って描いていくという独自の手法を用いた白髪一雄の作品の中でも、特に有名な作品です。臙脂に関する情報はそれほど多くはありませんが、「フット・ペインティング」と呼ばれる手法で描かれている白髪一雄の作品は国内はもちろん海外でも高い評価を得ています。

「フット・ペインティング」の手法で制作を始めたのは、1954年のこと。パフォーマンスと絵画を結びつける画期的な方法として、非常に多くの注目を集めています。

作品詳細

臙脂を見られる美術館

2022年12月現在の情報では、こちらの「臙脂」は個人蔵となっているようで、展覧会などで本物の作品を見ることは難しいようです。かつてスターバックスの創始者である実業家のハワード・シュルツ氏のオフィスルームに飾られていたことが話題となっています。

白髪一雄の作品は、出身地である尼崎市にある「白髪一雄記念館」で見ることができます。こちらの記念館は、その画業を広く紹介することを目的としており、尼崎市が所蔵する作品のほか、没後に遺族から寄贈された多数の作品を見ることができるため、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

現代アートの種類や楽しみ方を
詳しく見る