【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 井上有一

井上有一

井上有一
引用元:和楽 https://intojapanwaraku.com/jpart/1442/

1984年に撮影された井上有一。

井上有一はどんな人?

アートとしての「書」を開拓した現代書家(1916〜85年)。「日常使っている文字を書くことで、誰でも芸術家になれる。書は世界に類を見ない芸術である」という有名な言葉を残しています。

生まれは東京都。現・東京学芸大学である青山師範学校を経て、東京市本所区横川尋常小学校に訓導(教諭)として勤務します。 1942年、上田桑鳩に師事。1950年、第3回書道芸術院展に初出品し、『自我偈』で書家デビューを果たします。同時期に上田桑鳩のもとを去り、江口草玄・森田子龍・中村木子・関谷義道と「墨人会」を結成。機関誌『墨人』を刊行します。

1957年には、サンパウロ・ビエンナーレ(現代美術の国際展覧会)に、『愚徹』を出品。イギリスの有名な美術評論家ハーバート・リードの目にとまり、翌年、『近代絵画史』に掲載されます。

1959年には、ドイツのキュレーターだったカスパー・ケーニッヒの推薦で、「ドクメンタ(現代美術の大型グループ展)」に出品。さらに1971年には、初となる作品集『花の書帖』を刊行し、初の個展も開催します。

「元気に自由に書くのが良い」と語った井上有一は、師弟関係による技術指導を拒み、職業芸術家としての道も拒否。小学校教師として生涯を過ごし、1976年、神奈川県寒川町立旭小学校長を最後に41年間の教師生活を終えました。

墨をたっぷりふくませた大筆を使い、身の丈より大きな和紙に向かって等身大の一字を書いた井上有一。絵画的ともいえる、生命力あふれる表現により、伝統的な書法とは一線を画す新境地を開拓しました。

代表作に『東京大空襲』シリーズがあり、1945年の東京大空襲で仮死体験をした話も有名です。

そんな井上有一の遺した作品は、高橋睦郎・山口昌男・操上和美・糸井重里・緒形拳など知識人やクリエイター達にさまざまなインスピレーションを与えたと言われており、没後30年以上経った今でも、世界中の人々を魅了し続けています。

井上有一の代表作

悲痛な叫びが綴られた
「東京大空襲」シリーズ

井上有一「噫横川国民学校」

引用元:CINRA.NET https://www.cinra.net/news/20170221-inoueyuichi

噫横川国民学校
所蔵
群馬県立近代美術館館

小学校の教師だった井上が、東京大空襲で多くの教え子の死に直面した痛恨の思いを綴った一連の作品。

生涯で全66点の「貧」を遺した

井上有一「貧」

引用元:神原正明研究室 http://www.kusa.ac.jp/~kambara/160301.htm

所蔵
金沢21世紀美術館

「経済成長の中でひたすら貧を書いた戦後派の書家」と、書籍「貧―井上有一」では紹介しているほど、「貧」の一文字と井上は切り離せないもの。

「貧」を見たいのであれば、上記の金沢21世紀美術館以外にも、京都国立近代美術館がおすすめ。

ここには井上の初期から後期の約60点が所蔵されています。

井上といえば「一文字」

井上有一「夢」

引用元:WHITESTONE https://www.whitestone-gallery.com/jp/artists/yuichi-inoue/

井上有一「心」

引用元:WHITESTONE https://www.whitestone-gallery.com/jp/artists/yuichi-inoue/

所蔵
個人蔵
井上有一「感嘆符」

引用元:和楽 https://intojapanwaraku.com/jpart/1442/

感嘆符
所蔵
個人所蔵

93枚で1組の作品。各27×19cmなので、学校で使う33×24cmよりも小さいサイズとはいえ、93枚!

井上有一の名言

書家が書を独占しているつもりでいること程、滑稽なことはない。

引用元:「書の開放」(井上有一)

日常使っている文字を書くことで、誰でも芸術家になれる。

書は世界に類を見ない芸術であるーー

引用元:井上有一 http://www.unac.co.jp/yu-ichi/profile/index.html

なにものにもとらわれない自由などというものは本来どこにもないし、どこにもないということは即どこにでもあるということであって、なにもそのために漢字という欧米にはない素晴らしいものを捨てることはないということに気づくようになりました。文字を捨てることによって、文字を書くことの素晴らしさがわかったわけであります

引用元:「井上有一」(海上雅臣)

井上有一について
現代人の声を拾ってみた

監修者

【監修】
染谷尚人

生命力溢れる前衛書道家。男性ファンが非常に多い印象です。逆に女性では、その力強さが「迫ってくるのが怖い」と言っている人も聞いたことがあります。それだけのパワーを感じさせる作品は、一見の価値ありです。

現代アートから骨董・古美術までを扱う「本郷美術骨董館」代表。BSフジで放送中の、若手日本アーティストを紹介する番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」制作提供も行っている。お店では鑑定をするかたわら、テレビ・ラジオなどにも出演し、現代アート界を盛り上げている。

本郷美術骨董館の
公式サイトを見る

本郷美術骨董館
店名:
本郷美術骨董館
住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階(東大赤門前本店)
電話番号:
0120-518-100
営業時間:
10:00~19:00
(日曜のみ10:00~17:00)