【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト

ダミアン・ハースト
引用元:Sniffing Europe https://sniffingeurope.com/2017/07/10/artist1/

ビジネスアーティストとして名をはせるハースト。その資産額はなんと2億1500万ポンド、日本円に換算すると約315億!

ダミアン・ハーストは
どんな人?

Damien Hirst。イギリスの現代美術家・実業家・コレクター(1965年~現在)。「YBA(Young British Artists)」の中心的人物として知られ、死んだ動物をホルムアルデヒドで保存したシリーズが有名です。イギリスで最も稼ぐアーティストとしても知られています。

生まれはイギリスのブリストル。12歳の頃に父親が家を出るなど恵まれた幼少期ではありませんでしたが、「Leeds College of Art」や「ゴールドスミス・カレッジ」で美術を学びます。

1988年には、大学在学中ながら、自主企画展覧会「Freeze」を主催。ここから、YBA(Young British Artists)と呼ばれる若い芸術家たちが、世界へ羽ばたくことになります。もちろん、ダミアンハーストもその一人です。

ダミアンハーストの作品は「生と死」をテーマにしたものが多く、サメをホルムアルデヒドのタンクに沈める、牛を真っ二つにして酢漬けする、といった衝撃的な作風でイギリス美術界に議論を巻き起こします。

1993年には、「ベネチア・ビエンナーレ」にイギリス代表アーティストとして出展し、作品『Mother and Child, Divided』が高い評価を得ました。また1995年には、イギリスで最先端の芸術家へ贈られる「ターナー賞」を受賞しています。

ダミアンハーストは、ビジネスとしてアート活動をする芸術家としても知られており、2008年には、前例のない行動で美術界を驚かせます。なんと、自身の作品を、ディーラーやギャラリーを通すことなく直接オークションにかけたのです。

しかし結果は大成功。落札総額は1億1,100万ポンド(約211億円)に達し、1人の芸術家の作品落札総額として、当時最高記録を樹立しました。単体で最も高値がついたのは、子牛のホルマリン漬け『The Golden Calf』です。1,030万ポンド(約19億円)での高値落札となりました。以下はそのときの写真です。

ダミアン・ハースト
引用元:フランスアート界底辺日記 改め パリで子連れで現代美術 http://kanaparis.blog59.fc2.com/blog-entry-280.html

ダミアン・ハーストの代表作

死骸を使った多くの作品

ダミアン・ハースト「千年」

引用元:pastport http://pastport.jp/user/tunodajyuku/timeline/%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%B9%B4%E8%A1%A8/event/YVoQd0wNWg5

千年
発表年
1990

今やおなじみの、ガラスケースを用いた初のハースト作品。

奥に見える白い箱にはウジ(ハエの幼虫)が培養されており、手前にあるのは牛の頭。牛の頭が設置されたボックスの上部には殺虫灯が設置しており、そのため牛の頭の周りには死んだハエがたくさん。

このとき僕がはじめてつくり出したのは、コントロールできない独自の生を持ったもの、僕のコントロールの外にある何かだった。「僕はいったい何をやっちまったんだ?」というフランケンシュタイン的な瞬間を味わった。最初のハエが殺されたときは「おっと、ファック」って感じだったな。

引用元:美術手帖2012年7月号

ダミアン・ハースト「母と子、分断されて」

引用元:アートペディア https://www.artpedia.asia/damien-hirst/

母と子、分断されて
発表年
1993

1993年の作品。なんと真っ二つに切断された牛と子牛をホルマリン漬けにしたものです。

死骸を使った作品群はホルマリンを使用していますが、2018年ごろにはこのシリーズから有毒な発がん性物質「ホルムアルデヒドガス」が検出されました。

蝶や昆虫も本物

ダミアン・ハースト「Beautiful Architect」

引用元:ADB https://plginrt-project.com/adb/?p=3104

ビューティフル アーキテクト
Beautiful Architect
発表年
2003

蝶が苦手な人にはたまらない作品。

ダミアン・ハースト「Tityus」

引用元:引用元:ADB https://plginrt-project.com/adb/?p=3104

Tityus
Tityus
発表年
2012

こちらは昆虫をテーマにした「Tityus」(2012年)。よく見ると、昆虫の立体感がわかります…。

ダミアン・ハーストの名言

金銭はモチベーションではなく、ひとつの要素だと見なしている。お金を無視することはできない。が、金銭がモチベーションにならないように、とても注意しなくてはならない。

引用元:世界の成功者に学ぶ - 富と幸せをもたらす方程式 http://wealthhappiness.seesaa.net/article/350899244.html

稼いでいるからこそ、お金がらみの発言が多いダミアン。「絵画が何百万ポンドにも高騰し、たった1人の人間しか所有できないことに困惑をおぼえている。学生部屋の壁に貼られるポスターのようになれば羨望されるだろう。いずれ500ポンドのダミアン・ハースト作品を手がけてみたい」「金は眼中にはない」「お金は誰にとっても重要だ。なぜなら金がないことはとても辛いことだからだ」などの発言もあり、矛盾しているように感じるものもありますが、その時々の本当の気持ちなんでしょうね。

私はただ、境界線がどこなのかを見つけたかった。でも境界線など存在しないと分かりました。誰かに止めてほしかったけど、誰も私を止めはしないでしょう。

引用元:穴場翻訳 https://w9y.me/honyaku/2016/08/17/たまには名言集-〜アーティスト編〜/

2020年、パリで新たなハーストの境地が見られる

ダミアン・ハースト「Cherry Blossoms」制作風景
引用元:美術手帖 https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/21243

生と死をテーマにしてきたハーストが自然に湧き起こる絵画の楽しさを見直し、「美と生と死」をテーマにした新シリーズ「Cherry Blossoms」。

2020年6月〜11月まで、パリにあるカルティエ現代美術財団で見ることができます。

賛否を生むダミアン・ハーストの世界

動物の死骸をホルマリン漬けにしたり、真っ二つにするなどの衝撃的な作品を生み出してきましたが、酷評も多いのが事実。

「最近では自ら描いた絵画の衝撃的なひどさで世間をあっと言わせている」(2009年・AFP記事より)、「バジェットありきで下品」「制作物としては最高、だがコンセプトが空っぽ」(2017年・VOGUEより)などの辛辣な意見も。

私たちは批評家ではないので、なんとなく好きとか、なんとなく苦手とか、好きに楽しめばいいでしょう。

ダミアン・ハースト2009年
引用元:AFP https://www.afpbb.com/articles/-/2653218?pid=4754099

ホルマリン漬けで一躍有名になったハーストが、自ら筆をとってかいたものが酷評された。

その影響か、この年の今年の現代アート界で最も影響力のある100人のリストで、昨年の1位から48位に急落するという、さんざんな結果に。

「最悪なことにハーストの絵画は素人っぽくて青くさい。筆遣いには、見る者に画家が創作したものを信じさせるだけの活力や勢いがない。ハーストはそれすらも身につけていない」(ガーディアン紙)

「作品1つ1つを見ようとすると問題が起こる。集団ではインパクトがあるが、1つ1つでは合格レベルに達していないものが多い。細かなところはためらいがちに塗られていて、よく見ると構図は破綻している」(デイリー・テレグラフ紙)

引用元:AFP https://www.afpbb.com/articles/-/2653218?pid=4754099

続いて紹介するのは、2017年にヴェネチアで開催した個展「Treasures from the WRECK of the Unbelievable」。

タイトル通り「難破船から引き揚げられた財宝を展示している」という「ウソ」のプレゼンテーションだ。

引き揚げられたという「ウソ」のアートワークと、引き揚げ時に撮影されたという「ウソ」の記録映像で構成されている。「ウソ」だと感じさせないために作り込まれたアートワークの魅力と、「ウソ」だと伝えるためのネタバラシの面白さが混在している。

引用元:VOGUE https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-06-04

ダミアン・ハースト「ヴェネチア・ビエンナーレ」
引用元:VOGUE https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-06-04

3階建て相当の彫像。ダミアン・ハーストという、巨額の富を持つアーティストだからこそできる作品という部分が下品に感じるか、インパクトがあって楽しいと感じるか…。

見覚えのあるキャラクターも続々。ミッキーや日本のアニメ、ガンダムも。

ダミアン・ハースト「ヴェネチア・ビエンナーレ」
引用元:VOGUE https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-06-04
ダミアン・ハースト「ヴェネチア・ビエンナーレ」
引用元:VOGUE https://www.vogue.co.jp/lifestyle/culture/2017-06-04

ダミアン・ハーストについて
現代人の声を拾ってみた

監修者

【監修】
染谷尚人

よく「死と経済」と形容されるように、作品ではとことん死にこだわり、またビジネスマンとしても、非常に有能なアーティストです。彼の影響でギャラリーに所属しない作家も増えています。

現代アートから骨董・古美術までを扱う「本郷美術骨董館」代表。BSフジで放送中の、若手日本アーティストを紹介する番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」制作提供も行っている。お店では鑑定をするかたわら、テレビ・ラジオなどにも出演し、現代アート界を盛り上げている。

本郷美術骨董館の
公式サイトを見る

本郷美術骨董館
店名:
本郷美術骨董館
住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階(東大赤門前本店)
電話番号:
0120-518-100
営業時間:
10:00~19:00
(日曜のみ10:00~17:00)