【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » ジャンル別にみる現代アートの世界

ジャンル別にみる現代アートの世界

コンセプチュアルアート

マルセル・デュシャン「泉」
引用元:zeitgeist http://zeitgeist.jp/zeitgeist/デュシャン-大ガラス-東京大学/

1960年代後半~1970年代の前衛美術ムーブメント。技術的なことよりも、背景にあるコンセプト(含意・思想・観念等)を重視するアートです。"美的刺激"ではなく"知的刺激"を楽しむもの、ともいえます。

モダンアート

クロード・モネ「印象、日の出」
引用元:アートペディア https://www.artpedia.asia/claude-monet/

20世紀に展開された、新たな試み・表現を実践した美術作品を指して「モダンアート」と呼ぶのが一般的です。ただ、「近代美術」だけを指す場合や、「現代美術」も含めて考える場合など、その捉え方はさまざまといえます。

抽象表現主義

ジャクソン・ポロック「Autumn Rhythm (Number 30)」
引用元:NaoiDesign http://naoi9design.com/projects/history-of-art/

1940年代後半~1950年代、ニューヨークをメインに盛り上がりをみせた芸術様式。美術史上初めてとなる、アメリカ発の芸術運動でした。具体的なモチーフを使わず、大きなキャンバスに感情的に絵の具を躍らせる手法が主流です。

アクションペインティング

ジャクソン・ポロック
引用元:GIGAZine https://gigazine.net/news/20180218-case-for-jackson-pollock/

絵具を垂らしたり、飛び散らせたりするような手法によって作品を完成させる美術様式。具体的な対象を描くというより、絵を描く行為(アクション)そのものを重視するのが特徴です。代表的な美術家はジャクソンポロック。

パフォーマンスアート

ジョン・レノンとオノ・ヨーコ「ベッドイン」
引用元:discovermusic https://www.udiscovermusic.jp/stories/a-double-celebration-two-years-apart

絵画や彫刻といった作品概念を逸脱した、新たな美術表現。アーティスト自身の身体が作品を構成し、テーマにもなります。"現場性"を重視するのも特徴。1970年代~1980年代に誕生しました。

ポップアート

アンディ・ウォーホル「キャンベルのスープ缶」
引用元:アートペディア https://www.artpedia.asia/campbells-soup-cans/

映画・コミック・雑誌・広告・報道写真といった大衆社会で大量に出回る素材を取り上げたアート作品。大量生産・消費社会を風刺的に描いたものが多く、1950年代半ば頃、アメリカ大衆文化の影響のもとイギリスで生まれました。

フォト・ペインティング

ゲルハルト・リヒター「机」
引用元:Gerhard Richter https://www.gerhard-richter.com/en/art/paintings/photo-paintings/household-icons-39/table-4954/?&artworkid=1&info=1&p=1&sp=32

ゲルハルトリヒターによって展開された美術手法。雑誌や新聞などの白黒写真を、精密にコピーしたうえで微妙にぼかし、絵画に落とし込むもの。代表的な作品として、『机』『エマ』などがあります。

ミニマルアート

ドナルド・ジャッド「ファーレ立川」
引用元:ファーレタチカワ https://www.faretart.jp/art/242/

説明的・装飾的要素を可能なかぎり排除し、シンプルに表現した美術。1960年代のアメリカで登場し、1970年代にかけて大きなムーブメントを起こしました。代表的な作家としては、ドナルドジャッドやフランクステラなどが挙げられます。

ネオポップアート

村上隆
引用元:ファッションプレス https://www.fashionsnap.com/article/2019-11-15/super-flat-doraemon/

ネオポップは、1980年代のアメリカでムーブメントを起こした「シミュレーショニズム」の影響を受けた、日本独自のアート分野。村上隆や中原浩大、奈良美智など、1990年前後に出てきた日本の若手美術家やその作品を表します。

ポストモダン

ロイ・リキテンスタイン
引用元:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/ロイ・リキテンスタイン

近代美術の後に登場した美術運動。近代美術的側面を否定、あるいはその余波から発展して生まれたものといえます。「コンセプチュアルアート」「インターメディア」「インスタレーション」「マルチメディア」「ビデオ・アート」などが代表的です。

具体美術

白髪一雄
引用元:カーサブルータス https://casabrutus.com/art/7018

近代美術の後に登場した美術運動。近代美術的側面を否定、あるいはその余波から発展して生まれたものといえます。「コンセプチュアルアート」「インターメディア」「インスタレーション」「マルチメディア」「ビデオ・アート」などが代表的です。