【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代アートの楽しみ方

現代アートの楽しみ方

自由に楽しむ、それが現代アートですが、ここではそれぞれの楽しみ方でアートのある生活を謳歌している3人にお話を聞きました。

“知って”楽しむ
鑑定士・染谷尚人

染谷尚人

東大赤門前で40年にわたり経営している本郷美術骨董館の代表であり、鑑定士。

アートについての講演活動、テレビ・ラジオ出演も多数。

制作に協力しているBSフジで放送中の「ブレイク前夜」では、現代アートシーンが注目する日本人作家の魅力を凝縮して伝えています。

染谷尚人さんの
インタビューを読む

“買って”楽しむ
ワンピース倶楽部・石鍋博子

石鍋博子

1年に最低1作品(ワンピース)を購入することを条件を掲げたアートファンの集まり「ワンピース倶楽部」主宰。

「アートって高いんじゃないの?」「ギャラリーとか行きにくいです!」「どこで買うのがいいの?」などなど、初心者丸出しの質問に答えていただきました。

石鍋博子さんの
インタビューを読む

“描いて”楽しむ
マンガ家・里中満智子

里中満智子

マンガ家、芸大教授だけにとどまらず、世界に日本のマンガのこだわりを伝えるために活動している里中満智子先生。

「描くことは何歳になっても楽しめる」という里中先生に、いくつになっても楽しめる“描く”ことについてお話を聞いています。

里中満智子さんの
インタビューを読む