【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 奈良美智 » Mumps

Mumps

作品解説

奈良美智「Mumps」

引用元:This is Media https://media.thisisgallery.com/works/yoshitomonara_03

鋭い目つきで斜め上を見る頭の大きな女の子。一目見て奈良が描いたことが分かる作品です。今でこそ同様のコンセプトの女の子を数多く描いている奈良ですが、この「Mumps」こそが、一連の作品の先駆けとなったとも言われています。

見る者にやや恐怖心を抱かせるような含蓄のある作品ですが、一方で全体的に色をピンクでまとめるなど、優しさや柔らかさを併せ持つ不思議な空気が流れます。bloodthirsty butchersのトリビュートアルバムのジャケットにも採用された作品です。

作品詳細

Mumpsを見られる美術館

Mumpsを見られる美術館は、青森市にある青森県立美術館です。奈良を始め、棟方志功や寺山修司など青森にゆかりのある作家の作品を多く常設している美術館になります。

国内作家だけではなく、シャガール、ピカソ、クレー、マティスなどの国際的に知られる作家の作品も多く展示している同館ですが、その早朝として特に目立って展示されているのが、奈良の「あおもり犬」と「森の子」。それぞれ高さ8.8mと6mになる巨大なブロンズ像で、来館者たちの目を最初に引く作品でもあります。

美術館の隣には、縄文時代の遺構として知られる広大な三内丸山遺跡が広がります。美術館を訪れた際には、ぜひあわせて見学してみてください。