【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 村上隆

村上隆

この投稿をInstagramで見る

Mr Ning(@chirishning)がシェアした投稿 -

村上隆はどんな人?

日本の現代美術家・ポップアーティストです(1962年~現在)。

芸術家でありながらビジネスマンでもあり、作品制作の傍らアーティスト集団「カイカイキキ」を主宰。芸術イベント「GEISAI」プロジェクトのチェアマンなども務めています。

生まれは東京・板橋区。小さな頃からアニメやマンガが大好きで、将来はアニメーション産業で働きたいと考えていたそうです。美術を学んだのは東京芸術大学。日本画を専攻していました。

活動初期から、日本の美術業界のマーケットに不満を感じていた村上隆は、まず欧米の美術市場で芸術家の地位を確立し、逆輸入のかたちで日本での活躍を狙おうと戦略します。この試みは芸術家として新しいものでした。海外の評価を得たものは積極的に受け入れようとする日本の特色を利用した戦略だったと言われています。

村上隆が最も評価されているのは、ハイアート(高級芸術)とロウアート(大衆芸術)の境界線を曖昧にする表現「スーパーフラット」です。浮世絵をはじめとした日本の伝統美術と、現代日本のポップカルチャー(とくに漫画やアニメ)とに類似性・同質性を見出し、1つの画面に圧縮して表現します。このスーパーフラットは、戦後日本における一様で無階層的な大衆文化も表しているとされ、代表的な作品としては、ホノルル美術館所蔵の『コスモスボール』などが挙げられます。

絵画や彫刻などファインアートを中心としつつ、映画・アニメ・ファッション・グッズ販売など幅広い領域で積極的に活動しているのも彼の特徴です。

アートをビジネスとして捉えている面があり、多くのスタッフを使って芸術を生産する経営者として、有限会社カイカイキキを経営。若手アーティストの育成や、「GEISAI」といったアートフェアの企画運営、画廊やBarの経営など、ビジネスマンとしても手腕を発揮しています。

村上隆の代表作

高額落札ニュースで知った人も多いはず

村上隆「My Lonesome CowBoy」

引用元:note https://note.com/kyoukone/n/n3339870cd9d1/

My Lonesome CowBoy
My Lonesome CowBoy
市場価格
1500万ドル(約16億円)
発表年
1998年

このフィギュアが2006年に16億で落札されたというニュースで村上隆を知った人も多いのではないでしょうか。

「これが…16億??」と思った方が大多数を占めるような気もしますが、大多数に受け入れられなくとも、16億の値をつけ、それで買う人がいれば、そのアートの価値が高まるというのも、なかなかおもしろいものですよね。

ちなみに、この16億という金額は、2013年に中国人画家・曾梵志の2330万ドルに抜かれるまで、アジア1位の最高額となっていました。

記録を更新されたとき、村上はツイッターで「俺はアジアの記録を持ってたのに、その記録でもって、散々嫌味を日本で言われまくったなぁ。抜かれたら抜かれたで、ざまあみろ、的だし。いい事ないよ!」「昨日まで、俺が持ってたらしいアジア記録、なんて日本で報道された事もなく、ただ、マスかきフィギュアしね的な罵倒しかなかったよ」「そんなにアニメ的なアート分からんからって、搾取とか、見当違いも甚だしいぜ!んでもって、報道も悪口方面のみ」「わしは本人であるが、日本における村上隆、可哀想過ぎだろ!」と、愚痴を連発していました。参照:BIGLOBEニュース https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1008/jc_131008_1242373457.html

でも、いまだに日本人最高額は抜かれておらず。(あの草間彌生ですら、8億円くらい)

定番のお花シリーズ

この投稿をInstagramで見る

Takashi Murakami Archive 🏵(@murakami_archive)がシェアした投稿 -

花と並ぶ村上隆のアイコン

この投稿をInstagramで見る

Kent Morita(@m.kent1011)がシェアした投稿 -

村上が子どものころに好きだったマンガのキャラクターがモデルになっているという「Mr.DOB」。

お花と並び、村上の作品に多く登場するモチーフです。

村上隆の名言

日本人には私のアートは理解できない

引用元:タイムアウト 東京 https://www.timeout.jp/tokyo/ja/interview-takashimurakami

日本で酷評されることが多い村上のイヤミか愚痴か?

2015年に森美術館で行なった自身の展覧会「村上隆の五百羅漢図展」に関しての発言で、村上はインタビューで当展覧会について「森美術館が親切にもこの展覧会を開催してくれましたが、私が生きている間ではおそらく最後となるでしょう。問題は、私の展覧会には大きな予算がかかり、日本の美術館がそれだけの予算を日本人の村上にかける価値を見いだせないであろうということです」とも語っています。

私は芸術を生業とすることに誇りを感じており、後ろめたさ等、万分の一もなく、そしてその「マネー」=「金」こそが人間が超人として乗り越えるべき時にでも、へばりつく最後の業でもある、だから、故に、この業を克服していく方法こそが真の、現代において練り上げられるべき「芸術」の本体であると思っているのです。

引用元:芸術起業論(村上隆)

アートとビジネスを直結させた村上らしい考え。

彼も最初から成功していたわけではなく、36歳ごろまで、コンビニの裏から賞味期限の切れた弁当をもらってくるような、貧乏生活も経験しているのだとか。

アーティストやブランドとの
コラボも多数

村上隆×ビリー・アイリッシュ

この投稿をInstagramで見る

Takashi Murakami Archive 🏵(@murakami_archive)がシェアした投稿 -

18歳の歌姫、ビリー・アイリッシュは村上隆のファン!

シングル「you should see me in a crown」を村上がプロデュースし、コラボグッズなども発売されました。

村上隆×ルイ・ヴィトン

2003年には世界的ブランド「ルイ・ヴィトン」とコラボ。

ヴィトンとは、2003年から2008年の間に5回もコラボコレクションを発売しています。

村上隆について
現代人の声を拾ってみた

監修者

【監修】
染谷尚人

炎上上等みたいなイメージがある人もいるかもしれませんが、作家の権利向上のために著作権侵害の裁判を起こすこともあり、その裁判の中では「私が生きている現代アートの世界では、オリジナルであることが絶対的な生命線です」とも語っています。

多くのマンガやアニメをモチーフにしている作家が何を言うという批判の声も一部ありますが、アーティストが食べていけない日本のアート界を批判している彼らしい行動だと思います。

現代アートから骨董・古美術までを扱う「本郷美術骨董館」代表。BSフジで放送中の、若手日本アーティストを紹介する番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」制作提供も行っている。お店では鑑定をするかたわら、テレビ・ラジオなどにも出演し、現代アート界を盛り上げている。

本郷美術骨董館の
公式サイトを見る

本郷美術骨董館
店名:
本郷美術骨董館
住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階(東大赤門前本店)
電話番号:
0120-518-100
営業時間:
10:00~19:00
(日曜のみ10:00~17:00)