【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » ジャンル別にみる現代アートの世界 » 具体美術

具体美術

白髪一雄
引用元:カーサブルータス https://casabrutus.com/art/7018

白髪一雄。天井から吊るしたロープを持ち、足を使って描く、フット・ペインティングスタイル。

具体美術とは

日本のアートが世界で注目されている中で、特に「具体美術」の作家たちが注目されています。

白髪一雄や吉原治良、嶋本昭三といった作家たちです。

具体美術は、1954年に吉原治良が芦屋で「具体美術協会」という団体を立ち上げたのがスタートで、「人の真似をするな、今までにないものをつくれ」というコンセプトをもった運動でした。

足で描いたり(白髪一雄)、絵具を瓶に入れぶつけたり(嶋本昭三)、算盤で描いたり(鷲見康夫)など奇抜で、過激で、ユニーク。多彩なカラーを持っています。

田中敦子は「電気服」という電飾や電線で組まれた服を作り、自らも着るというパフォーマンスを行いました。

その田中敦子の夫となる金山明は、オートマティズム絵画と表して自動描画機なるものを作った。元永定正も初期のメンバーで、たらし込みの技法を取り入れた作品を発表していましたが、後年は絵本作家として活躍しました。

この具体美術という運動は、従来、学芸員からは高い評価を受けていて、戦後美術史では必ず登場してきました。

ただ市場としては、一定の評価は受けていたものの、数十万円から百万円のどちらかといえばマニア商品でした。

21世紀に入り、国際オークションの潮流が変化。印象派からモダンアートに流れた後、ウォーホルなどポップアートやマーク・ロスコのような抽象表現主義が加わり、その一角に具体美術が入りました。

日本の美術が欧米の影響を大きく受けてきた中で、具体美術の運動は国際的にも特異であると評価されていったのです。

具体美術の
代表作家と作品

吉原治良

吉原治良「黒地に赤い円」

引用元:artscape https://artscape.jp/focus/10037034_1635.html

黒地に赤い円
所蔵
兵庫県立美術館
発表年
1965年

「具体美術協会」のリーダー。1955年(昭和30)に、「具体」としての初のグループ展を開催し、その翌年には雑誌「芸術新潮」で「具体美術宣言」を発表する。

前衛美術のパイオニアであり、自身は「円」を描く画家として名をはせました。

吉原治良による、「具体美術宣言」はこちらを参照。

白髪一雄

白髪一雄「天空星急先鋒」

引用元:オペラシティ アートギャラリー https://www.operacity.jp/ag/exh229/

天空星急先鋒
所蔵
兵庫県立美術館
発表年
1962年

しらが かずお。1924年~(存命)。

2020年1月~3月22日まで、新宿のオペラシティにて、初の大規模個展が行なわれていました。

床に広げた紙に、足を使って描く、躍動感のある作品が、近年になり世界的に再評価されています。

具体美術について
現代人の声を拾ってみた

監修者

【監修】
染谷尚人

日本生まれの「具体(Gutai)」は、21世紀に入って世界でも注目され始めました。2012年国立新美術館、2013年NYグッゲンハイム美術館に行われた「具体(Gutai)」展は、その地位を確立した象徴とも言えるでしょう。

現代アートから骨董・古美術までを扱う「本郷美術骨董館」代表。BSフジで放送中の、若手日本アーティストを紹介する番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」制作提供も行っている。お店では鑑定をするかたわら、テレビ・ラジオなどにも出演し、現代アート界を盛り上げている。

本郷美術骨董館の
公式サイトを見る

本郷美術骨董館
店名:
本郷美術骨董館
住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階(東大赤門前本店)
電話番号:
0120-518-100
営業時間:
10:00~19:00
(日曜のみ10:00~17:00)