【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » ジャンル別にみる現代アートの世界 » パフォーマンスアート

パフォーマンスアート

ジョン・レノンとオノ・ヨーコ「ベッドイン」
引用元:discovermusic https://www.udiscovermusic.jp/stories/a-double-celebration-two-years-apart

パフォーマンスアートとは

現在、現代美術の一翼を担うものとして広く認知されているパフォーマンスアート。生まれたのは1970年代~1980年代で、それまでの「絵画」「彫刻」といった作品概念を逸脱した、新たな表現領域として誕生しました。

「時間」「場所」「パフォーマーの身体」「パフォーマーと観客との関係」という4つの基本要素を持ち、これらを含むすべての状態においてパフォーマンスアートは成立します。“現場性”を重視するのが特徴です。

行われる場所はギャラリーや美術館、路上などさまざま。行われる時間・長さも、一瞬で終わるものから繰り返し演じられるものまでさまざまです。パフォーマーは何かキャラクターを演じるのではなく、本人としてパフォーマンスを行うのが一般的。即興もあれば脚本に従うものもあり、ストーリーの有無もそれぞれです。また、観客に参加・助力を求める作品も珍しくありません。

代表的なアーティストに、ヨーゼフボイスがいます。彼はフィッシャーマンズベストとフェルト帽をまとい、数々のパフォーマンスを演じました。死んだウサギを動かして絵に触れさせるというパフォーマンスを行った『死んだウサギに絵を説明するには』が知られています。

また、「パフォーマンスアートのグランドマザー」と称される、マリーナ・アブラモヴィッチも有名。リズミカルな動きで指と指の間にナイフを突き刺していくナイフ・ゲーム『リズム10』などがあります。

さらに、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの2人による『ベッドイン』もパフォーマンスアートの一種といえるでしょう。ベトナム戦争の最中、マスコミに囲まれながら、ベッドに寝たままこもるというパフォーマンス(平和運動)を披露しました。

こうしたパフォーマンスアートは、美術だけでなく音楽、演劇、舞踊、文学など幅広い領域に見られます。現代芸術における各領域のインターフェイス的な位置づけになっているともいえるでしょう。

パフォーマンスアートの
代表作家

草間彌生

草間彌生「クサマ・ハプニング」

引用元:This is Media https://media.thisisgallery.com/20187748

クサマ・ハプニング
Kusama Happening
発表年
1969年

水玉やかぼちゃで有名な草間彌生ですが、27歳で渡米し、名前をあげたのはパフォーマンスアートでした。

裸に水玉を描き、屋外でヌード・デモを行い、それは「クサマ・パプニング」と呼ばれました。過激なパフォーマンスは芸術なのかどうか、アートの街・ニューヨークでも賛否を生みました。

草間彌生はこちらのページでも紹介しています。

ヨーゼフ・ボイス

ドイツ(当時は西ドイツ)・デュッセルドルフのシュメラ画廊で1965年に催された「死んだうさぎに絵を説明する方法」。

「これは観客をガラス壁の向こうに追い出して、ギャラリーの中で死んだ野うさぎを腕に抱き、うさぎに絵画の説明をし、その後、野うさぎの身体を絵画に直接触れさせた。ボイスは頭を蜂蜜や金箔で覆い、右足には鉄の靴底を履き、左足にはフェルトの靴底を履いていた。パフォーマンスの3時間後に鑑賞者は部屋に入り、ボイスは入口のそばにあるイスに兎を抱きながら座った。」(引用:アートペディア https://www.artpedia.asia/2017/02/09/ヨーゼフ-ボイス/)という、シュールなもの。

ヨーゼフ・ボイスはこちらのページでも紹介しています。

オノ・ヨーコ

ジョン・レノンとオノ・ヨーコ「ベッドイン」

引用元:discovermusic https://www.udiscovermusic.jp/stories/a-double-celebration-two-years-apart

ベッドイン
Bedin
発表年
1969年

ジョン・レノンとオノ・ヨーコによる、平和活動パフォーマンス。ハネムーンのホテルの1室に記者を招き、平和について語り合うというパフォーマンスです。

パフォーマンスアートについて
現代人の声を拾ってみた

監修者

【監修】
染谷尚人

政治的なメッセージが色濃いことが多いのがパフォーマンスアートです。YouTubeなどもある今の時代の方が、発信する側はしやすいかもしれませんね。

現代アートから骨董・古美術までを扱う「本郷美術骨董館」代表。BSフジで放送中の、若手日本アーティストを紹介する番組「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」制作提供も行っている。お店では鑑定をするかたわら、テレビ・ラジオなどにも出演し、現代アート界を盛り上げている。

本郷美術骨董館の
公式サイトを見る

本郷美術骨董館
店名:
本郷美術骨董館
住所:
〒113-0033 東京都文京区本郷5-25-17 本郷美術ビル2階(東大赤門前本店)
電話番号:
0120-518-100
営業時間:
10:00~19:00
(日曜のみ10:00~17:00)