【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 奈良美智 » 夜まで待てない

夜まで待てない

作品解説

奈良美智「夜まで待てない」

引用元:This is Media https://media.thisisgallery.com/works/yoshitomonara_25

2001年に横浜美術館で公開された夜まで待てない。奈良作品らしい目の鋭い女の子を正面から大きく描いた作品です。

女の子の表情は実に自然ですが、猫のように鋭い目、わずかに閉じられた左目、ニヒルに笑った口元、ちらりと覗く犬歯など、どこかもの言いたげな女の子の様子が伝わってきます。

瞳の奥に反射している複雑な光は、どうやら夜の街のネオンのようです。公開イベントのタイトルは「君や僕にちょっと似ている」でしたが、なるほど、確かに私たちに似ているかも知れません。

作品詳細

夜まで待てないを見られる美術館

ファンの間ではとても有名な作品「夜まで待てない」は、意外なことに、どこの美術館にも常設されていません。「個人蔵」とされていますが、奈良本人が持っているのか、それとも別の誰かが持っているのか、情報を得ることができませんでした。

一般公開されていない「夜まで待てない」ですが、2001年、横浜美術館で開催された奈良の大規模な個展「I DON'T MIND, IF YOU FORGET ME.」において、この作品の完成に至るまでのプロセスが公開されたことがあったようです。最終的に完成したのは、その11年後の2012年です。

ネットや美術雑誌の中では、何度も目にする「夜まで待てない」。多くのファンが、一般公開を待ちきれない気持ちでいることでしょう。まさに「夜まで待てない」という心境ではないでしょうか。