【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代アートコラム&ニュース

現代アートコラム&ニュース

なぜ日本ではアートを買わない?

グラフ

世界のアート市場規模は2017年の調査で7兆1344億円。日本はたったの(?)3260億円。(2018年調査)

世界のシェア1位はやはりアメリカで42%、2位の中国は21%、3位はイギリスで20%となっています。

こういった状況について、「日本は文化が遅れている」という声もありますが、当サイトでインタビューした、1年に最低1作品(ワンピース)を購入することを条件を掲げたアートファンの集まり「ワンピース倶楽部」主宰の石鍋博子さん曰く、「ヨーロッパは冬はとても寒いので、どうしても家にいる時間が長くなりますよね。そんな中で少しでも家で楽しく過ごそうと思って、アートを家の中に飾るという文化が根付いていった。でも、日本は冬でも花がずっと咲いてるし、1年中通して四季が豊かなので、あえてアートを切り取って家の中に入れるっていう発想がそもそもなかった。風土の違いが習慣の違いに繋がっているだけだと思っています」とのこと。

存命作家最高額は102億円!

Pool with Two Figures
引用元:Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Portrait_of_an_Artist_(Pool_with_Two_Figures)

常人の私たちでは信じられない金額で取引されることも多い現代アート。2018年に落札されたデイヴィット・ホックニーの「芸術家の肖像画(プールと2人の人物)Pool with Two Figures」は、なんと102億の値がつきました。これは2020年3月現在も最高額をキープしています。

それまではジェフ・クーンズによる「バルーン・ドッグ(オレンジ)」で、65億円が最高でした。

ホックニーは、「プールと人物」をモチーフに作品を描いており、自身のセクシャル(カミングアウト済み)を積極的に作品に投影させています。その彼の代表作ということもあり、この金額になりました。

日本でもおなじみのアンディ・ウォーホルとは親友だったそう。

アートイベント中止が相次ぐ!

アートフェア
引用元:AFT Art Hunting https://art-scenes.net/ja/aft-art-hunting?.ref=haft&

新型コロナウイルスの影響で、アートフェアなどのイベントの中止が相次いでいます。実は編集部員も、「アートフェア東京2020で1作品買って、アートデビューする!」と意気込んでいただけに、ガッカリ。

ただしそのかわりに、インターネットで楽しめるイベントも増えており、アート購入初心者にとって敷居が若干下がっている状況でもあります。

ピンチをチャンスに!家でアートを楽しんでみるのもいいのでは。家にこもっている今、アートを買って家に飾るのも、気持ちが明るくなっておすすめです。