【世界一ゆるい】現代アートの歩き方 » 現代美術を楽しむうえで知っておきたいアーティスト » 草間彌生 » Infinity Mirrored Room

Infinity Mirrored Room

作品解説

草間彌生「Infinity Mirrored Room」

引用元:This is Media https://media.thisisgallery.com/works/yayoikusama_25

合わせ鏡に映るLEDの光が無限に広がるインスタレーション。合わせ鏡を利用してオブジェを反復させる作品は草間に多く見られる手法ですが、光を反復させるこのInfinity Mirrored Roomは、草間の一連の作品の中でも異質な存在感を放ちます。

青い暗闇の中に無限に広がっていく光の粒々は、まるで宇宙そのもの。室内に一歩足を踏み入れた鑑賞者は、その幻想的な景色を前に、時間を忘れて心が引き込まれることでしょう。ロサンゼルスにある人気美術館・The Broadの常設展示作品の中でも、特に人気の高い作品のようです。

作品詳細

Infinity Mirrored Roomを見られる美術館

Infinity Mirrored Roomが展示されている美術館は、アメリカ・ロサンゼルスにある美術館The Broad(ザ・ブロード)です。

開館は2015年9月。不動産事業で財をなした実業家・イーライ&エディスのブロード夫妻が個人所蔵していた2,000点以上もの作品を中心に、アンディ・ウォーホル、ジャスパー・ジョーンズ、ロイ・リキテンシュタイン、ジェフ・クーンズ、村上隆、草間彌生などの現代アートを多数常設展示しています。

ちなみに、The Broadがある通りの反対側には世界的に有名なロサンゼルス現代美術館がありますが、ロサンゼルス現代美術館の年間来館者は30万人弱であることに対し、The Broadの年間来館者は80万人以上。いかに注目されている美術館であるかが分かるでしょう。

その他のおすすめページ